TELエッチを余裕を持って楽しむために


TELエッチの手段は最近では電話ばかりではなくインターネットやスマートフォンアプリでの無料通話のサービスが主流になっている傾向があります。

TELエッチでも相性が合えばいつまでも楽しんでいたいものですから、その時に通話時間が長くなりすぎて通信料金が超過しないかと余計な心配を抱えることになります。

電話代を気にしながらの行為も集中力を多少なりともそいでしまうので、金銭面での不安を一切なくすためにも、無料や定額でかけ放題のやはりインターネット通話の方が選ばれやすいのでしょう。

それに、インターネットでのTELエッチ専門のサービスは相手が見つかりやすいメリットもあります。
その場その場で違った相手とひと時を過ごすのもいいですが、特定のパートナーがいたほうが都合も合わせやすいし、どうせなら相性のいい相手を見つけてその人とじっくり楽しみたいといった場合には、TELエッチに参加している人々の詳細の情報まで調べられるネット環境の方が、理想的なパートナー選びには効率がいいと感じられるのは当然のことです。

電話でいきなり知らない相手と会話をするのは緊張しますが、ネットを通じての出会いだったら通話以外にもメールや掲示板、チャットといった様々なコミュニケーション手段で事前に交流を深め合ってそのついでに相性も何となくわかりますから、やはり便利ですね。

これから末永くパートナーとして関係を築いていくときでも、その場限りの相手とどんどん楽しみたいというタイプでも、事前にこれから知り合うことになる相手の情報ができるだけ多く集められるのに越したことはないでしょう。

そんなに情報を知らなくても、とにかく即エッチを楽しみたいタイプの人だったらそのあたりは特に気にならない場合もあると思いますし、そういう楽しみ方でも満足できるのならどんな手段でも目的さえ一致していれば気兼ねなく楽しめます。

ただ、どんなTELエッチにしても相性は無視できないものがあるので、最低限どんなプレイをお互いに希望しているのかぐらいは確認しあっておくべきですね。

お互いのニーズを調べるのには、インターネットにおける情報公開によって簡単に調べられる利便性は活用すべきですし、より良いパートナーと巡り合える確率がアップします。
一つ一つの出会いを大切にしたい人は、インターネット時代の出会いが向いていますね。

TELエッチは掛け合いが重要


TELエッチは2人でするものです。
どちらか片方だけが一方的に喘ぐ声をただ聞く、というのでは、TELエッチが成り立ちません。
それでは、エッチなマンガを読んだり、アダルトビデオを見るのと変わりませんよね。

もちろん、TELエッチを始めたばかりの頃は勝手がわからず、言葉や音で相手を興奮させるテクニックも乏しいでしょう。
最初のうちは、経験豊富なパートナーを見つけて、上手にリードしてもらうのもいいかもしれません。
そのような場合は、事前にちゃんと「初心者」であることと「リードしてほしい」ということを伝えた上で相手を探しましょう。
そうすれば、リードするのが好きな人があなたに興味を持ってくれるはずです。
あなたのぎこちなさも、その人には新鮮に映るでしょう。
TELエッチのベテランの人と数回してみれば、どのような声や音を出すものなのか勉強することができます。
しかし、ずっとそのままでは、TELエッチの醍醐味を知らないまま、ということになるので、吸収したものは応用していかなければなりません。

TELエッチの醍醐味は、お互いの反応を感じながら高め合っていけるところです。
「相手の乱れる声だけ聴きたいんだよね」という人は、相手が乱れることのできるよう誘導する必要があります。

特に、相手が若い女性の場合、セックスの経験自体が浅い可能性もあります。
人によってはまだ未経験、ということも少なくないので、うまくリードしてあげないと、相手がなかなか気持ちよくならない、ということも考えられます。
そういう相手に「どうしてもっといい声を出してくれないんだ!」と言うのはかわいそうです。
相手も「きっと上手にリードしてくれるだろう」と期待している、そんな子をがっかりさせるようではいけませんよね。

もし、相手の反応がいまいちだと感じたら、こちらから積極的に声をかけているか注意すべきです。
「そういえば、自分からあまり相手に働きかけてないかも…」と気づいたら、声や音を出すように心がけましょう。
自分のことばかり言っているというときは、相手の状態を想像して実況してみるとか、逆に相手のことばかり聞いている、というときは、いま自分がどんなエッチな状態になっているのか伝えるといいかもしれません。

どんな言葉や音が効果的かは相手の嗜好によっても異なってきます。
プレイに入る前のメールのやりとりや、雑談などで、それとなく相手が求めるプレイを探ってみるといいでしょう。
S寄りなのか、M寄りなのか、どこを触られると感じるのかなど、事前に聞き出しておけば、相手が望むような掛け合いができますよ。