デート 10代女子

昨夜聴き取りしたのは、ちょうど、以前からサクラのアルバイトをしている五人の男子!
駆けつけることができたのは、デートキャバクラで働いていたAさん、現役男子学生のBさん、クリエイターのCさん、10代女子芸能プロダクションに所属していたDさん、10代女子コメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「まず始めに、デート始めた動機から確認していきましょう。Aさんから順にお話しください」

デート 10代女子の前にやることチェックリスト

A(メンキャバ就労者)「ボクは、女性心理が分からなくて開始しました」
B(男子大学生)「僕は、10代女子ガッツリ儲けられれば何でもいいと思って躊躇しましたね」
C(シンガー)「自分は、オペラ歌手をやっているんですけど10代女子、まだヒヨっ子なんで一切稼げないんですよ。一流になる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのが大事なんで、、こんなバイトやりたくないのですが、デート差し当たってアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」

デート 10代女子が抱えている3つの問題点

D(音楽プロダクション所属)「オレは10代女子、○○って音楽プロダクションに所属して音楽家を夢に見てがんばってはいるんですが、一度のコンサートで500円だけしか入らないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(ピン芸人)「実のところデート、私もDさんと同じような状況で、デートコントやって一回ほんの数百円の倹しい生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、ステルスマーケティングの仕事をすることを決心しました」
驚くべきことにデート、五人のうち三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属しているという退屈なメンバーでした…、かと言って話を聞かなくてもわかるように、彼らにはステマによくあるおもしろエピソードは無さそうでした…。
筆者「いきなりですが、みんながデート 10代女子を利用してのめり込んだわけをそれぞれインタビューしたいと思います。
集まったのは10代女子、高校を中退したのちデート、五年間自宅警備の仕事をしてきたというA、「せどり」で生活費をまかなおうとまだ軌道には乗っていないB、小さな芸能プロダクションでレッスンを続けながら、アクション俳優になろうとしているC10代女子、デート 10代女子のすべてを知り尽くしたと自信たっぷりの、フリーターのD、10代女子加えて、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
誰もが二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自宅パトロール中)「俺は普段ずっと家にいるんですが、ネットを徘徊していたらすごくルックスのいい子がいて、10代女子彼女の方からメッセージくれて、それから、あるサイトにユーザー登録したら、直接コンタクト取ろうって話だったので、デートアカウント取ったんです。それ以降は直メもできなくなったんです。けど、他にも可愛い人出会いはあったので」
B(内職中)「使い始めはやっぱ、自分もメールがきっかけでしたね。めっちゃ美人でタイプでしたね。もっと話したいから会員になって、そのサイトってのが、出会えないケースが多いって話だったので、女性会員もちゃんといたので、そのまま続けて利用しています。
C(俳優になる訓練中)「私はというとデート、役を広げる練習になると思って使うようになったんです。デート 10代女子利用に深みにはまっていく役をもらったんですが、10代女子私も浸っています。
D(ティッシュ配りのバイト)「僕の場合、友人で使っている人がいてデート、影響を受けながらいつの間にか
忘れちゃいけない、5人目となるEさん。
この人についてですが10代女子、他の方と大分違っているので、10代女子率直に言って他の人とは蚊帳の外でしたね。
ライター「ひょっとして10代女子、芸能界に入るにあたって売れていない人って、サクラをメインの収入源としている人が大勢いるのでしょうか?」
E(某業界人)「そうだと言いますね。サクラで生計を立てるって、シフト結構融通が利くし、我々みたいな、急にショーの予定が入ったりするようなタイプの人にはどんぴしゃりなんですよ。不規則な空き時間を利用できるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「経験の一つになるよね、女性のキャラクターとして演じるのは一苦労だけど我々は男性だから、自分が言ってほしいことを相手に投げかけてやればいい訳だし、男側の心理はお見通しだから、男もころっとのってくるんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「意外にも、女でサクラの人は利用者の心がわかってないからはっきり言うと下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に、男性サクラの方が優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「そうです。優れた結果を出しているのは大体男性です。といっても、10代女子僕なんかは女性キャラクターを作るのが上手くないので、10代女子いっつも激怒されてます…」
E(芸人の一人)「最初から、うそつきがのし上がるのがこの世界ですからね…。女性を演じるのが大変で…俺なんかも苦労してます」
ライター「女性の役を成りきり続けるのも、色々と大変なんですね…」
女のキャラクターのどうやってだましとおすかの話に花が咲く彼女ら。
話の途中で、ある言葉をきっかけに、自称アーティストのCさんに向けて視線が集まりました。

Comments are closed.

About Company

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Morbi sit amet purus rutrum, vestibulum urna a, elementum nulla. Etiam pharetra nisi sit amet sapien malesuada, non hendrerit arcu pellentesque.

Sample Content

Nam eget placerat justo. Suspendisse quis hendrerit nisl. Nullam eget malesuada dui. Phasellus auctor, justo eu euismod vestibulum, ex nisl mollis elit, ut efficitur mauris turpis ullamcorper nisl. Proin eleifend erat tellus, at feugiat mi pulvinar at.

Get in Touch

  • Address:
    ARINIO GROUP
    WZ-290,Plot No.-8, Commodo
    Aenean Cursus-100002

Powered by WordPress. Theme by Arinio